【餅入り海老の野菜汁】

s-元画像がある場所と同じ場所に保存画像 354


【餅入り海老の野菜汁】



こんにちは!

家族揃っての食事は大切

若い方にとって家族と食事を共にする事は心の安定につながります。

公認レシピライター「沁み沁みごはん塾」の岩佐優です。






「餅投げやぁ」

「今日は船おろしやでぇ」

「ほな、みなで行かんか」

新しい漁船が出来上がると進水式がある。

宮ちゃんのお父さんは淺川でたった一人の船大工で、

いつも東の波止と西の波止の間にある小さな造船場で新造船を作ったり、

村の漁師さんの舟を修理していた。

宮ちゃんと一緒に、仕事をしているところを見に行ったが、

いつも黙々と手を動かして無駄口は聞かない人だった。
 
船おろしは、その造船場が海に向かってスロープになっているので、

何本もの丸太の上でしつらえられた新造船が

その丸太の止め木を外されるとコロコロと海へとすべり降りていく。

船の中にはその船の主が満面の笑みを浮かべて立っている。

もちろん、親戚や漁師仲間の人たちが乗れるだけ乗り、

鮮やかな大漁旗や幟がひらめいている。

s-元画像がある場所と同じ場所に保存画像 327


宮ちゃんのおとうさんはほっとしたように笑っていた。

おかあさんも兄弟も嬉しそうだった。

新造船はやたらにある仕事ではなかったはずだから、

家族にとって如何にありがたい日であったことだろう。

「見てみぃや、この人出。みんな笑ってるやろ」

船が海に下ろされる時間を見計らいながら、

かなり早い時間からその辺りのほとんどの人が集まってくる。

漁師町の淺川に久しぶりに響く「軍艦マーチ」

この軍艦マーチを聴くとワクワクする。

小さい頃から新造船ができると軍艦マーチや、餅投げや、

と急いで漁港前に行ったものです。

雄姿を淺川のみなさんに披露します。

新造船はこの湾内を左周りで3週します。

これは左周り、つまり取舵(魚を獲る、大漁する)と言う事だそうです。

船おろしを祝うためなのだが、

船主はこの日のために丸餅を用意する。

新築の家が棟上のときに棟の上から餅を投げる風習があるが、

船おろしも同じように、

海に浮かんだ船に乗った人たちが陸に居る人々に餅を投げるのだ。

s-元画像がある場所と同じ場所に保存画像 305


「こっちに投げてー」と歓声が上がる。
 
おばあさんたちは

「ここやで。ここにほうりこんで~なあ」

と、元気な声を張り上げて、

割烹着を両手で広げている。

男も女も年よりも若いモンも子どもたちも我こそはと餅拾いに興じる。

みんな、めったに無い祭りごとに酔いしれるのだ。

そんなときもドンくさい私は一つも拾えないのが常のこと。

しょんぼりとしていると

「なんや。まさるちゃん。一つも取れんかったんか」

と、だれかれなく

私にお餅を持たせてくれたのが忘れられない。

s-元画像がある場所と同じ場所に保存画像 350

*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*

さて、今日の簡単料理レシピは、そんなお餅を使った【餅入り海老の野菜汁】です。

【材料】  (2人分)

餅           丸餅を2個

干し貝柱       20g

えび          6尾

昆布          5×5センチ

干し椎茸       戻したもの2枚

人参          20g

じゃが芋       1個

絹さや        少々(小松菜、ほうれん草、三つ葉など)

塩           少々

醤油         少々

酒           大さじ3

【作り方】

(日)昆布は濡れ布巾で表面を少し拭く。干し貝柱は洗う。

(月)鍋に水を3カップ、昆布、貝柱を入れて3時間以上そのままおく。

(火)餅を2センチ程度の角切りにして少し焦げ目をつけるように焼く。

(水)絹さやはヘタと筋をとり、3等分に切る。

   えびは殻を剥いて酒大さじ1をからめ、10分程度おいて洗う。

(木)干し椎茸は軸を切る。じゃがいも、人参は皮を剥く。

   じゃがいも、人参、えび、椎茸を2センチの角切りにする。

(金)昆布水を火にかけ、煮立つ直前に昆布を取り出す。貝柱はそのまま。

   酒大さじ2、塩小さじ1/3、じゃがいも、人参、椎茸を加えて

   アクをとりながら野菜が柔らかくなるまで煮る。

(土)えびと絹さやを加えてひと煮立ちさせ、醤油で味を調える。



具を同じ大きさに切ることがコツですよ!

家族で食べた風景が思い出になる

そんな時がくる事に想い馳せながら料理する。

大切にしたい時間ですね。

*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*

公認レシピライター

岩佐 優

人生に捧げる沁み沁みごはん塾

http://kyoutousagiya.jimdo.com/

https://www.facebook.com/masaru.iwasa.5
s-元画像がある場所と同じ場所に保存画像 321

スポンサーサイト

味覚の記憶こそが本当の豊かさ

昆布料理の本物の料理、始末した昆布料理の真髄を提供致します。
毎日いただく食事には昔ながらの知恵が受け継がれています。 日本の四季を感じ取れる昆布料理。 自然の山海の材料と昆布を使った昆布料理。 風土と素材を大切にする意気。
食から社会を変える、 私たちのミッションです。 医食同源というように 毎日の食事が健康を育み、 幸せな社会を築きます。 社会を支える最も大切なもの、それが食です。 食中毒から家族を守るにはなにに気を付けたらいいのでしょうか?  化学調味料、添加物に頼らない安心安全な食は どこで手に入るのでしょうか?  秘伝とされてきたプロの調理技術、 知識を公開することで、 家庭でもできる安心安全な食卓を育みます。 食材の選び方、 調理器具の正しい使い方、 プロ納得の安心安全な食材を公開します。 農家さんを始めとした安心安全な 食を提供する生産者のみなさん、 日本各地の飲食店との提携により、 日本の食の現場でなにが起きているのかを ビビッドにお伝えします。 安心安全な食の知識をシェアすることで健全な生産者、 飲食店を育成するアクションを展開します。 また、我々は「サイエンスキュイジーヌ(科学調理)」を提唱しています。経験と勘の調理から抜け出して、世界に通用する科学的なエビデンスに基づいた調理技術の開発を行い、プロの料理人だけでなく、一般の方々にもシェアいたします。堺の伝統工芸士を始めとする包丁界のトップの方々の経験と知識、これらを電子顕微鏡を駆使して謎のベールで隠されていた包丁にまつわる技術をエビデンスに基づいて明らかにしていきます。同様に、経験と勘で行われてきた「加熱調理」も科学的な視点から明らかにしていきます。

沁み沁みごはん塾

プロフィール


私たちの毎日の食事は人の命を守ってくれています。
日本には素晴らしい文化、伝統、郷土、風習、食材があります。

食材のなかには健康的で思いの込められたおいしいものがあります。
私どもはそれをたくさんの方に知っていただき、

そのよさを実感していただきたく存じます。
毎日いただく食事には昔ながらの知恵が受け継がれ、

郷土の味を守ってきました。
その土地には土地の素晴らしい食文化や

この旬には旬ならではの美味しさがいっぱいです。
安心して召し上がれる食材を選び、旬のものをこの今に味わい、

日本の素晴らしい食文化を大切にしていきます。
春夏秋冬ならではの料理を私たちは作って味わっていただけます。 

添加物や化学調味料を一切使わない料理を召し上がってください。
一切使わない料理を召し上がってください。

自然の素材の旨味を 最大に引き出す 良き料理人。 人の喜びを自分の喜びとする 良きサービススタッフ。 もてなす者の心を心として受けとめてくださる 良き客人。 良き人々が集い賑わう。
FC2 Blog Ranking

最新記事

カテゴリー

By FC2ブログ

お勧めのラインアップ
ありがとうございます