【湯気の匂いは母の味 お芋のおかゆ 】

s-元画像がある場所と同じ場所に保存画像 239


暖かみがあり愛情が詰まっていた母の味。

【ジャパンローカルフード協会】公認レシピライターの岩佐優です。

太平洋の荒波をうける小さな漁村で育ちました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

授業が終わり急いで帰る。

今日は芋のおかゆを炊くからと聞かされていた。

土間を駆け抜け

裏の竃から立ち上がる湯気の匂いに

『はよぉ、いれてやぁ』、と声だかに叫ぶと

母は『めんどいから(恥ずかしい)大きな声でいわんとき』。

当時、お昼のご飯におかゆは、米を減らしお腹を満たすためで

近所の手前、恰好がわるいと母は思っていたようだが

幼い私にわかるはずがない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕どき家族で囲炉裏をかこむ。

母の背に柱時計がある

母は振り子のあたり、壁が剥げている筋目を指さし

そこまで潮につかった津波の話をした。

郷里徳島県

昭和二十一年十二月二十一日午前四時十九分、

母は南海道大地震を体験した。

晩秋の日はつるべ落しのように暮れて行く。

前日、父は伝馬舟に乗り沖へ出た

スルメイカが良く釣れた、ことのほかよく釣れ家に帰る。

とても寒い晩だった。

囲炉裏で火を焚く、そばには万一のためにと、いつも摺鉢とバケツに水を入れておいた。

その夜は、冬にしては珍しく無風状態で、

あたりは磯の匂いというか、

海藻の匂いが一面に漂っていた。

海辺の町とはいえ海岸からの距離を考えるとなにか不自然で、

また犬の遠吠えと鶏の夜鳴きでとても不気味な夜だった。

湯たんぽを入れた夜具の上に、綿入れの半天を掛けて寝た。

朝方、唐紙がガタガタ梁がギッチギッチ夢うつつ

枕の下からゴーという地鳴りで目が覚める。

下から突き上げてくるような地震に母は雨戸を開けに走った。

父は囲炉裏の火床に摺鉢をかぶせる。

姉と兄は父にしがみつき地震のおさまるのを待った。

わずかな月明かりで見える部屋の畳が

大きく左右に動いているのが分かった。

雨戸を開けに行った母は、道路の小石がパチパチと跳ねあがり、

ちょうどフライパンで豆を妙っているような光景に、

軒下で足がすくんでしまったそうだ。

『津波がくるぞっ』とみなが騒いでいる

山に続く近くの神社の方へ行こうとした時、

浜の方から「潮が狂ったぞー」とけたたましい声。

下を見ていた父が急に

『あの潮見てみい』と言う。

見ると早、西の方から泡のごとく白い潮が飛んで来る。

その早いこと、早いこと。

何どころじゃない。

自分の持ち出しは布団、腋に抱え神社の石段迄来た時

ドッドー、ドッドーと凄じい潮の唸り

ガラガラドッーと潮に呑まれる

必死で石段を上がりつめた。

下を見るゆとりもない。神社の山を登って一息ついた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

s-元画像がある場所と同じ場所に保存150653_137683643053486_1748624907_n


先年なくなられた

森繁久彌さんがこの昭和南海大地震に淺川(私の郷里)で遭い、

その顛末を『森繁自伝』に記載している。

彼は戦後の食糧難の時代に、

一攫千金を夢見て魚の闇販売ルート確保のために来徳。

前日、夜の宴会で前後不覚になるほどに泥酔し、その翌日未明に地震が発生。

その時の引き波の恐ろしさを書いてある。

「来る時はまだしも、引く時の力は、
いかなる頑丈なものも立ち尽す術がないという」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

味覚の記憶こそが本当の豊かさ

漁師町の風土と素材を大切にする意気、

母の愛情と母の味です。

今日の簡単料理レシピは「お芋のおかゆ」

材料      (お茶碗4杯分)

米       2合

水       いつもの2倍の量

さつま芋   小さいお芋 4本

塩       少量

作り方

(日)さつま芋は皮を剥いて、2~3センチの輪切りにする。
   ボールに水をいれさつま芋を水につける。 
   (水であく抜き。)

(火)米はいつものように洗う。

(水)鍋に米と水をいれます。

(木)強火にかけ、沸騰したら中火にします。
   軽く蓋して吹きこぼれないように火加減を調整しながら15分ほど。
   塩で味の調整をします。

(金)なべ底にお米がつくので、時々お玉などで混ぜます。

(土)水が少ないようなら、途中で足しても大丈夫です。
   
*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*

【ジャパンローカルフード協会】

公認レシピライター

人生に捧げる沁み沁みごはん塾

岩佐 優

http://kyoutousagiya.jimdo.com/
https://www.facebook.com/masaru.iwasa.5

s-元画像がある場所と同じ場所に保存73501_397080907070539_623993997_n
スポンサーサイト

味覚の記憶こそが本当の豊かさ

昆布料理の本物の料理、始末した昆布料理の真髄を提供致します。
毎日いただく食事には昔ながらの知恵が受け継がれています。 日本の四季を感じ取れる昆布料理。 自然の山海の材料と昆布を使った昆布料理。 風土と素材を大切にする意気。
食から社会を変える、 私たちのミッションです。 医食同源というように 毎日の食事が健康を育み、 幸せな社会を築きます。 社会を支える最も大切なもの、それが食です。 食中毒から家族を守るにはなにに気を付けたらいいのでしょうか?  化学調味料、添加物に頼らない安心安全な食は どこで手に入るのでしょうか?  秘伝とされてきたプロの調理技術、 知識を公開することで、 家庭でもできる安心安全な食卓を育みます。 食材の選び方、 調理器具の正しい使い方、 プロ納得の安心安全な食材を公開します。 農家さんを始めとした安心安全な 食を提供する生産者のみなさん、 日本各地の飲食店との提携により、 日本の食の現場でなにが起きているのかを ビビッドにお伝えします。 安心安全な食の知識をシェアすることで健全な生産者、 飲食店を育成するアクションを展開します。 また、我々は「サイエンスキュイジーヌ(科学調理)」を提唱しています。経験と勘の調理から抜け出して、世界に通用する科学的なエビデンスに基づいた調理技術の開発を行い、プロの料理人だけでなく、一般の方々にもシェアいたします。堺の伝統工芸士を始めとする包丁界のトップの方々の経験と知識、これらを電子顕微鏡を駆使して謎のベールで隠されていた包丁にまつわる技術をエビデンスに基づいて明らかにしていきます。同様に、経験と勘で行われてきた「加熱調理」も科学的な視点から明らかにしていきます。

沁み沁みごはん塾

プロフィール


私たちの毎日の食事は人の命を守ってくれています。
日本には素晴らしい文化、伝統、郷土、風習、食材があります。

食材のなかには健康的で思いの込められたおいしいものがあります。
私どもはそれをたくさんの方に知っていただき、

そのよさを実感していただきたく存じます。
毎日いただく食事には昔ながらの知恵が受け継がれ、

郷土の味を守ってきました。
その土地には土地の素晴らしい食文化や

この旬には旬ならではの美味しさがいっぱいです。
安心して召し上がれる食材を選び、旬のものをこの今に味わい、

日本の素晴らしい食文化を大切にしていきます。
春夏秋冬ならではの料理を私たちは作って味わっていただけます。 

添加物や化学調味料を一切使わない料理を召し上がってください。
一切使わない料理を召し上がってください。

自然の素材の旨味を 最大に引き出す 良き料理人。 人の喜びを自分の喜びとする 良きサービススタッフ。 もてなす者の心を心として受けとめてくださる 良き客人。 良き人々が集い賑わう。
FC2 Blog Ranking

最新記事

カテゴリー

By FC2ブログ

お勧めのラインアップ
ありがとうございます