FC2ブログ

おいしい水と昆布で料理の味が変わる!?

 

おいしい水と昆布で料理の味が変わる!?

手軽に料理の味が美味しく

和食を美味しく

水は飲むだけではなく、料理にも必要不可欠なものです。

お米を炊く時やお味噌汁を作る時など、

水がなければ作れないですよね。


そのため、おいしい料理を作りたいのなら、水のおいしさにもこだわっておきましょう。

またおいしい水があれば、

もう一手間加えるだけで料理の味をひと味もふた味も変えて

くれるものが作れます。

それは昆布水と呼ばれる水です。

おいしい水と昆布さえあれば簡単に作れます。

昆布水で出汁の旨味を



昆布は、和食に欠かせない出汁の

旨味成分をたくさん持っています。

そのため、今までは水だけを加えていた場面で、

この昆布水を加えるようにすると、

料理に旨味成分を効率よく足すことが出来ます。

そのため、いつもよりも深い味わいのある料理になるのです。

またおいしい出汁の味わいが足されれば、

今までより味付けを薄くしても充分に満足出来る味わいになります。

そのため、塩分などを控えておきたい

糖尿病などの患者さんには特におすすめです。

さらに昆布の旨味成分であるグルタミン酸には、

血糖値が上がりにくくなる作用や、

血圧を抑える作用、美肌

にしてくれる作用が含まれているので、

美容や健康促進に効果的です。

健康飲料として



昆布水は料理にも使えますが、飲み物としても使えます。

そのまま飲んでも良いですし、

柑橘系を加えてみるなどしてもおいしく味わえます。

もちろん美容や健康への効果も期待できます。

作り方



昆布水の作り方は特に難しい事はありません。

細かく切った昆布を水に入れておき、

3時間ほど冷やしておくだけで完成です。

ぬめりに多くの旨味成分や栄養が含まれているので、

少しぬめりを感じる程度の方が良いでしょう。


冷やしたままにしておけば、

保存も数週間はきくのでとても便利です。

なんだか味が物足りないという時には、

冷蔵庫から取り出して、

そのままさっと足してしまえば味わいが大きく変わります。

まとめ



このようにおいしい水と昆布を足せば、

両方の良いところを引き出すことが出来ます。


ウォーターサーバーやミネラルウォーターの水を使って、

おいしい昆布水を作ってみましょう。

特に和食が好きな方や、昆布でだしをわざわざとるのが

面倒だと言う方は、

刻んで冷やしておくだけのこの方法だと

手軽にだしがとれるのでおすすめです。

味噌汁や肉じゃがなど定番の和食には特にぴったりなので、

料理に自信のない方でもおいしい和食を作れるようになります。

もし昆布水を作る際は、

硬度の高い水ではなく、

硬度の低い水にしておくと出汁が出やすいので確認しておきましょう。

スポンサーサイト

味覚の記憶こそが本当の豊かさ

昆布料理の本物の料理、始末した昆布料理の真髄を提供致します。
毎日いただく食事には昔ながらの知恵が受け継がれています。 日本の四季を感じ取れる昆布料理。 自然の山海の材料と昆布を使った昆布料理。 風土と素材を大切にする意気。
食から社会を変える、 私たちのミッションです。 医食同源というように 毎日の食事が健康を育み、 幸せな社会を築きます。 社会を支える最も大切なもの、それが食です。 食中毒から家族を守るにはなにに気を付けたらいいのでしょうか?  化学調味料、添加物に頼らない安心安全な食は どこで手に入るのでしょうか?  秘伝とされてきたプロの調理技術、 知識を公開することで、 家庭でもできる安心安全な食卓を育みます。 食材の選び方、 調理器具の正しい使い方、 プロ納得の安心安全な食材を公開します。 農家さんを始めとした安心安全な 食を提供する生産者のみなさん、 日本各地の飲食店との提携により、 日本の食の現場でなにが起きているのかを ビビッドにお伝えします。 安心安全な食の知識をシェアすることで健全な生産者、 飲食店を育成するアクションを展開します。 また、我々は「サイエンスキュイジーヌ(科学調理)」を提唱しています。経験と勘の調理から抜け出して、世界に通用する科学的なエビデンスに基づいた調理技術の開発を行い、プロの料理人だけでなく、一般の方々にもシェアいたします。堺の伝統工芸士を始めとする包丁界のトップの方々の経験と知識、これらを電子顕微鏡を駆使して謎のベールで隠されていた包丁にまつわる技術をエビデンスに基づいて明らかにしていきます。同様に、経験と勘で行われてきた「加熱調理」も科学的な視点から明らかにしていきます。

沁み沁みごはん塾

プロフィール


私たちの毎日の食事は人の命を守ってくれています。
日本には素晴らしい文化、伝統、郷土、風習、食材があります。

食材のなかには健康的で思いの込められたおいしいものがあります。
私どもはそれをたくさんの方に知っていただき、

そのよさを実感していただきたく存じます。
毎日いただく食事には昔ながらの知恵が受け継がれ、

郷土の味を守ってきました。
その土地には土地の素晴らしい食文化や

この旬には旬ならではの美味しさがいっぱいです。
安心して召し上がれる食材を選び、旬のものをこの今に味わい、

日本の素晴らしい食文化を大切にしていきます。
春夏秋冬ならではの料理を私たちは作って味わっていただけます。 

添加物や化学調味料を一切使わない料理を召し上がってください。
一切使わない料理を召し上がってください。

自然の素材の旨味を 最大に引き出す 良き料理人。 人の喜びを自分の喜びとする 良きサービススタッフ。 もてなす者の心を心として受けとめてくださる 良き客人。 良き人々が集い賑わう。
FC2 Blog Ranking

最新記事

カテゴリー

By FC2ブログ

お勧めのラインアップ
ありがとうございます