FC2ブログ

京都石焼ラーメン

disp_28091.jpg



石焼ラーメン

                       各九百円
   
    ・岩礁のエスプレッソ  (塩)
    
    ・岩礁のほのか     (醤油)
   
    ・岩礁のバッカス    (酒粕味噌)
 
    ・岩礁の辛小町     (酒粕チゲ)
 
    ・岩礁の黒たんたん   (黒胡麻味噌)
  
「石焼ラーメン岩礁のエスプレッソ」

とはいかにも長ったらしい名前ですが、経緯があるんです。

まず、「塩」は今、使用している(海部藻塩)で作っている塩ダレ、

(じゃっぱ汁)のスープ・

「ACQUA PAZZA」にも類似する調理法そして・「CACCOICCO」・ 

名前にCが五つ入るから五種類の材料(魚)・岩礁の辺りに生息する様々なもの、

それらを沸々と煮え滾る石鍋の中で麺と供に食する。 

京都(仕込みの)石焼ラーメン(石焼鍋使用でacqua pazza風な)

岩礁の(caccoicco五種類以上の魚を使った)エスプレッソ

(海部藻塩を使った塩とじゃっぱ汁のスープ)となります。

PHOT00000000000A7AED_500_0.jpg



アクアパッツァ(acqua pazza)は、

イタリア料理のひとつで、魚介類(白身魚と貝類)を

白ワインで蒸し煮にした料理です。

イタリア語で「奇妙な(風変わりな)水」あるいは

「狂った(暴れる)水」という意味で、

ブイヨンなどを用いず、シンプルに煮込むだけで魚介の

うまみを引き出すことができます。

魚としてタイ、スズキ、タラ、カサゴ、メバルなどの白身魚、

貝類としてアサリ、ムール貝などが良く用いられます。

さらに、好みによりイカ、タコなどを加えても良いし、

パンやパスタとともに供される事もあります。

選んだ素材により、「明石鯛とアサリのアクアパッツァ」

といった具合にメニューに登場します。

576875_271265659651921_1897958233_n.jpg


じゃっぱ汁は青森県の郷土料理です。

「じゃっぱ」とは、共通語で言う「雑把」の意味であり、

通常は魚を三枚に下ろしてのこった頭や内臓、

身の付いた骨を総称して指し示す津軽弁です。

共通語では内臓以外の部分も含めた広義の「あら」に対応します。

じゃっぱ汁は、この「じゃっぱ」をぶつ切りにして具とし、

他の野菜などを加えて煮込んだ塩や味噌仕立ての汁を差し、

主にタラや鮭のじゃっぱ汁が一般的であります。

多くは塩仕立ての味付けが多くて、

共通語ではあら汁と呼んでも差し支えないでしょう。

身(魚肉)だけよりも、非常にこくのある出汁がえられ、

地元では人気の高い郷土料理です。

入れる具は家ごとに微妙に異なって、

鮭のじゃっぱにじゃがいもとネギを用いれば、

北海道の三平汁と同様となりますね。

IMGP1615.jpg

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

味覚の記憶こそが本当の豊かさ

昆布料理の本物の料理、始末した昆布料理の真髄を提供致します。
毎日いただく食事には昔ながらの知恵が受け継がれています。 日本の四季を感じ取れる昆布料理。 自然の山海の材料と昆布を使った昆布料理。 風土と素材を大切にする意気。
食から社会を変える、 私たちのミッションです。 医食同源というように 毎日の食事が健康を育み、 幸せな社会を築きます。 社会を支える最も大切なもの、それが食です。 食中毒から家族を守るにはなにに気を付けたらいいのでしょうか?  化学調味料、添加物に頼らない安心安全な食は どこで手に入るのでしょうか?  秘伝とされてきたプロの調理技術、 知識を公開することで、 家庭でもできる安心安全な食卓を育みます。 食材の選び方、 調理器具の正しい使い方、 プロ納得の安心安全な食材を公開します。 農家さんを始めとした安心安全な 食を提供する生産者のみなさん、 日本各地の飲食店との提携により、 日本の食の現場でなにが起きているのかを ビビッドにお伝えします。 安心安全な食の知識をシェアすることで健全な生産者、 飲食店を育成するアクションを展開します。 また、我々は「サイエンスキュイジーヌ(科学調理)」を提唱しています。経験と勘の調理から抜け出して、世界に通用する科学的なエビデンスに基づいた調理技術の開発を行い、プロの料理人だけでなく、一般の方々にもシェアいたします。堺の伝統工芸士を始めとする包丁界のトップの方々の経験と知識、これらを電子顕微鏡を駆使して謎のベールで隠されていた包丁にまつわる技術をエビデンスに基づいて明らかにしていきます。同様に、経験と勘で行われてきた「加熱調理」も科学的な視点から明らかにしていきます。

沁み沁みごはん塾

プロフィール


私たちの毎日の食事は人の命を守ってくれています。
日本には素晴らしい文化、伝統、郷土、風習、食材があります。

食材のなかには健康的で思いの込められたおいしいものがあります。
私どもはそれをたくさんの方に知っていただき、

そのよさを実感していただきたく存じます。
毎日いただく食事には昔ながらの知恵が受け継がれ、

郷土の味を守ってきました。
その土地には土地の素晴らしい食文化や

この旬には旬ならではの美味しさがいっぱいです。
安心して召し上がれる食材を選び、旬のものをこの今に味わい、

日本の素晴らしい食文化を大切にしていきます。
春夏秋冬ならではの料理を私たちは作って味わっていただけます。 

添加物や化学調味料を一切使わない料理を召し上がってください。
一切使わない料理を召し上がってください。

自然の素材の旨味を 最大に引き出す 良き料理人。 人の喜びを自分の喜びとする 良きサービススタッフ。 もてなす者の心を心として受けとめてくださる 良き客人。 良き人々が集い賑わう。
FC2 Blog Ranking

最新記事

カテゴリー

By FC2ブログ

お勧めのラインアップ
ありがとうございます